車検・点検・整備

車検・点検・整備

南九州日野自動車では国家資格はもちろん日野独自の資格を保有するメカニックが、お客様の大切なトラック・バスを確かな技術で整備いたします。

私たちの車検・点検・整備が選ばれる5つの理由

  1. 迅速・丁寧な対応

    迅速・丁寧な対応

    トラックやバスの車検・点検・整備でお預かりする期間を極力短くするため、車両の状態を素早く診断することや、お客様へのわかりやすいご説明を心がけています。
  2. 高度な専門技術

    高度な専門技術

    メカニックは日野自動車独自の整備資格を取得し、定期的な研修に参加するなど、常日頃からトラック・バスの整備技術向上に努めています。
  3. 充実の専用設備

    充実の専用設備

    鹿児島・宮崎の各支店には作業効率と安全性を追求したトラック・バスの専用整備工場を設置。様々な整備に対応するとともに、スピーディーな整備を実現しています。
  4. 鹿児島・宮崎の支店網

    鹿児島・宮崎の支店網

    鹿児島県内に4支店と1営業所、宮崎県内に3営業所を設置し、お客様のトラック・バスの運行を各地でサポート。支店間の連携により万一の故障や事故にも迅速に対応します。
  5. 全国ネットワーク

    全国ネットワーク

    日野自動車は全国に40を超える販売会社、200を超える直営サービス工場、そして4,000名を超えるサービススタッフが在籍しています。緊急トラブルにもこの安心のネットワークでサポートします。

サービススタッフからお客様へ

都城支店
椎葉 里美

「路上故障にも迅速かつ正確な整備を」

整備工場での仕事に加え、24時間対応の出張修理を担当することもあります。ドライバーさんからの情報と経験をもとに、故障の原因を予測しながら現場に向かいます。各支店には「ドクターデュトロ」と呼ばれる工具を積載した車両があるので、現場でもある程度の修理は可能です。応急処置で車が動き、お客様に喜んでいただけた時は何より嬉しいですね。

日向支店
直野 晋

「日々の業務と研修でスキルアップ」

トラックやバスもコンピューター制御になり修理が多様化していますが、南九州日野自動車では研修などを通してスキルアップに取り組んでいます。もちろん、私たちメカニックの中には高度な技術を持った「職人」が数多く在籍。普段の整備の中でも個々の技術を高めながら、連携を取って正確で迅速なサービス提供に努めています。

鹿児島南支店
大山 紘加

「技術力を高めるために上級資格取得に挑戦」

お預かりしたお客様の大切なトラックやバスを修理し、綺麗な状態でお渡しすること。当たり前のことかもしれませんが、基本を忘れずによりよい状態で送り出すことを大切にしています。日野自動車では職種ごとに技術資格・認定試験があります。私も上級資格取得に挑戦し、整備技術の品質を支える存在となって、お客様に喜んでいただける仕事をしていきたいと思います。

整備フロントスタッフからお客様へ

鹿屋支店
當房 昭一

「お客様に安心しておまかせいただける整備」

整備フロントの仕事はお医者さんの問診のようなもの。安心して修理をお任せいただくために、必要があればお客様がご納得されるまで、現車を前にご説明することもあります。鹿屋支店では営業、部品、サービスが情報交換を活発に行い、知識と技術を共有する体制ができています。この密なコミュニケーションが、お客様に喜ばれるサービスにつながるものと信じています。

都城支店
鳥越 俊司

「高度な技術でスピーディーな対応を」

正確でスピーディーな整備には、整備フロントとメカニックの連携が欠かせません。また、車の性能の変化に伴い、車に現れる症状も年々変化していますので、常に新しい情報を仕入れながら分かりやすいご説明を心がけています。お客様のために整備現場へ難しい注文を出すこともありますが、都城支店には、それを技術で応えてくれる素晴らしいメカニックが揃っています。

車検の基本料金

※車検基本料金は小計(A)と小計(B)の合計金額となります。
※事前に必ず車検証、自賠責保険証、納税証明書および車検書費用をご用意ください。
※継続車検は車検満了日の45日前から受けられます。 ※部品代・油脂類代等は別途必要となります。 ※上記は一例です。詳細はお見積りいたします。
※車型・重量によっては料金が変わります。
※車検経費については事前にお支払いただきます。

これだけは知っておきたい、車検・点検・整備の基礎知識

  • 継続車検は45日前から

    継続車検は45日前から

    継続車検は車検満了日の45日前から受けられます。計画的な車両管理のために早めの車検をおすすめします。
  • 車検に必要なもの

    車検に必要なもの

    車検証、自動車損害賠償責任保険証明書、自動車納税証明書、それに使用者の認印と車検費用が必要になります。
  • 法定点検

    法定点検

    主に事業用自動車は3ヶ月毎の定期点検が法令で義務付けられています。故障の予防のために定期点検の実施は不可欠です。
  • 定期交換部品

    定期交換部品

    部品は登録経過ごとに交換が必要なものが定められています。定期的な交換で未整備による危険を未然に防ぐことが大切です。